家族が事故で被害にあった場合、家族としてできること

交通のトラブル

日本は道路整備が行われており、車の所有率もかなり高い自動車大国だといえます。そのため自分が車に乗らなくても交通事故の被害にあう可能性がありますし、安全を意識して注意深く運転をしていても事故を起こしてしまう可能性は絶対にないとはいえません。安全を第一に考えることは当然ですが、事故に遭った場合の対処法を知っておくことが重要です。

また自分だけでなく、家族が被害にあった場合は自分が冷静になって対処しなければなりませんし。実際に交通事故の被害にあった場合、できることは沢山あります、まず1つ目は、被害者が怪我をしてしまい日常生活に支障を来すことがります。

その時は治療を優先させなければなりませんから、家族として被害者の代わりに加害者に損害賠償を請求することができます。安全を意識しているドライバーであれば、自賠責保険の他に任意保険に加入していますから、加害者の加入している保険会社に連絡を取ることが大事です。

もし任意保険に加入していない場合は、加害者本人と交渉をしなければならないこともあります。連絡をとって治療にかかる費用や慰謝料などを請求する手続きが必要になります

すぐに治療費を請求しても実際に支払われるのはある程度の時間がかかってしまいますから、それまでは治療費は被害者が負担することになります。病院で安心して治療を受けられるようにするため、家族として治療費を用意しておくことも大事です。

事故処理について

交通事故では、事故直後はそれほど痛みを感じなくても、少し時間がたってから症状が出ることがあります。それは事故直後は気持ちが緊張しているので、痛みを感じなくなることが理由だとされています。

そのため被害にあった家族が、特に気になる症状はないといっても医療機関の受診をすすめましょう。そして交通事故ではむち打ち症などを発することが多く、これは人によって完治するまでの時間が異なります

完治に近い状態にするためには、継続的な治療が必要になりますが、通院までの交通費なども必要になります。また怪我をしたことで仕事ができなくなり、本来であれば働いて得られた収入がなくなってしまうことがありますが、それらも加害者側から負担をしてもらうことができます。

そのため後遺障害認定をとるために書類を整えたり、被害者が勤めている会社に連絡をして、怪我によって仕事を休むための書類作成に必要な証明書を発行してもらうことが必要です。加害者本人や、加害者の代理人となる保険会社のスタッフとの交渉が必要になりますが、被害者にとっては大きな負担になります。

交通事故というのは被害者にとってみたら怖いもので忘れたいものですから、代理人として代弁をすることもあります。負担に感じるようであれば、交通事故を専門に取り扱っている弁護士に代理人になってもらう方法もあります。

被害者も車を運転していたときに事故に巻き込まれたのであれば、加入している保険会社への連絡が必要になります。

家族であれば、保険会社に連絡をするとスムーズに手続きがすすめられることもあるので、普段から加入している自動車保険について話をしたり、弁護士特約などに加入しているかどうかも確かめておくと安心です。

被害者の勤め先に連絡をしたり、加入しているサービスの内容を確認することができるのも家族だからこそだといえます。会社には休職として取り扱ってもらえるのかを確認し、もし休職扱いになるのであれば休業補償を受けることも可能です。

怪我が治る時期が不明であるときなどは休職が不可能になることもあり、その時は退職することになります。退職すると、年金が厚生年金から国民年金に加入し直すという行政手続きも必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする