加害者が不誠実でゆるせないとき

態度悪い男

交通事故にあい加害者が不誠実でゆるせない場合には、弁護士に相談することが良い方法です。このような加害者は一般的に事故の示談が済むまでは低姿勢で誠意を持って対応するような素振りを見せますが、実際にある程度の示談が成立しお互いの賠償責任が明確になった時点で態度を急変させることが多くなっています。

保険会社に任せきりする示談は注意

一般的に示談が成立するまではお互いの代理人等が交渉を行うため、相手方の態度や条件などによって心象的な部分が変動するため、この時点で誠意のない対応してしまうと自分の立場が不利になることがわかっているのでおとなしくしていることも多いのですが、実際にその責任範囲等が明確になり代理人がその責任を終えた時点で態度を急変させることも多く、被害にあった側が不利益を被ってしまうことも多いので気をつけることが大切です。

しかしこのような責任の範疇に置いて不誠実な対応をした場合にはこれも交通事故における事後の対応の責任をしっかりと果たしていないことになるため、いちど決めた示談の内容を変えることも可能な事はあまり知られていません。

特に保険会社に代理人を依頼した場合には保険会社は実際に示談が成立するまでの話し合いについても前例に基づいて規則的に決めてしまうことが多く、その後の対応については本人たちの相談により進めるようにしていることが多いのです。そのため相手方が誠意のない対応を行った場合であってもその処理について介入してこないことが多いので非常に辛い思いをすることが少なくありません。

弁護士相談による解決

このようなときには弁護士に速やかに相談することが良い結果を生みます。弁護士は様々な交通事故の対応に熟知していることが多く、相手方は不誠実な対応と行った場合であってもこの状況に対して法律を利用した適切な対応をとってくれることが多いものです。

本来示談の内容は決められたことをお互いがしっかりと行うことが前提条件となっており、この内容をしっかりと行わない場合には示談の前提条件が覆ることになるため、示談自体が無効にすることもできるのです。

さらに弁護士の場合には交通事故でトラブルになった場合、最終的には裁判にまで持ち込むことができる権限を持っています。交通事故における裁判についても経験豊富な弁護士であれば様々な判例を熟知しており、効率的な見地から相手の不誠実な対応を1つ1つについて法律に反していることを立証することができるほか、裁判官に対しての効果的な判断を導くような方策も熟知しているため、有利に進めることができます。

そのため実際の様々な内容を一つ一つ法律に照らして検証することも可能で、加害者の責任などを明確にしさらに大きな責任を負わせる事も可能となるのです。

一般的に交通事故の場合にはできるだけ双方の負担を少なくするために保険会社が代理人を務めあらかじめ決められたルールに従って処理を行うことが少なくありません。

またその中には相手方に対して反感を持たれないようなスムーズな処理を行うための費用が支給される場合もあり、その手順に則ってしっかりと対応してくれる加害者であれば大きなトラブルは起きないものです。

しかしごくまれに相手方に対してしっかりと誠意を示さず、決められた内容だけを実行するといった人もいるため、このような場合には精神的にさらに苦痛を与えられてしまうことになります。このような場合には相手方に代理人を通してしっかりと意見をするとともに、必要に応じて与えられた苦痛に対する損害賠償を請求することも必要です。

その方法として弁護士に依頼することが法律的根拠を以てスムーズに進める非常に有効な手段であり、また加害者の不誠実な態度を改めさせる非常に有効な手段としても大きな効果を発揮すると考えられています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする