交通事故むち打ちで後遺障害認定に必要なこと

むち打ちのトラブル

交通事故に遭遇してむち打ち(外傷性頸部症候群)になった場合、程度が軽いものであれば外科などで必要な処置を受ければ1ヶ月程度で完治しますが、稀に1ヶ月を大きく超える期間を経ても痛みや痺れが残っていることがあります。

このようなとき、事故被害者の状態によっては後遺障害認定を受けられ、加害者から受け取る慰謝料が増額される可能性が出てきます。

むち打ちの後遺症について後遺障害認定を受けるためには、交通事故と後遺症との間に因果関係があることを根拠をもって示さなければなりません。

まず、医療機関での治療期間が一定以上に達している必要があります。通院や入院の期間が長いということは、それだけ事故被害者の負傷の程度が重いということでもあるからです。

後遺障害認定に受ける場合に必要な通院および入院の期間に明確な基準はありませんが、一番低い第14級9号の認定においては期間では6ヶ月、日数では100日が目安といわれており、入院・通院証明書がその証明書類となります。

むち打ちおよびその後遺症について医学的に証明できることも当然重要です。むち打ちに限らず、疾病の多くには自覚症状が存在しますが、単に症状があると事故被害者が主張するだけでは根拠にはならず、検査を経て医師から所見を得ることによってはじめて自覚症状があることが証明可能になります

外傷性頸部症候群では、レントゲン写真やMRI画像を用いて診断されていれば根拠として十分ですが、画像では判断しにくい所から痛みや痺れが出ている場合は医師と相談して、スパーリングテストや深部腱反射テスト、筋萎縮検査などといった検査も行ってみる必要があるでしょう。

後遺障害の認定を受けるためには、症状固定をするときまで後遺症が一貫していることを示すのも重要です。

例えば、交通事故で右側の頸部のみに痛みや痺れが出ていたとしたとき、6ヶ月以上にわたって必要な治療を受けたのにもかかわらず痛みなどが消えない状態が断続的につづいていれば、交通事故が原因の後遺症だとみなされて後遺障害の認定を受けられる可能性が高くなりますが、治療の途中で左側の頸部にも痛みが生じるようになったり、悪天候の日や気圧が低い日など特定の条件下でのみ症状が出るような状況だと、交通事故以外の要因があるとして認定されないことがあります。

症状に一貫性があるかどうかは医師の診断書などを用いて判断が行われるので、書面で用いられる表現には注意が必要です。

後遺障害認定において重要

事故の程度も後遺障害認定において重要な判断材料となっています。外傷性頸部症候群は基本的に外部からの強い衝撃によって生じるものであるため、後遺障害の認定を受けられるのは一般的にいって後遺症が残っていてもおかしくないようなレベルの事故に限られます。事故の程度を証明するためには、被害を受けた車両の写真や修理代金の見積書などが必要となるでしょう。
むち打ちに関する後遺障害の認定では、手続きをとったのにも関わらず認定を受けられないケースもしばしばありますが、その原因の多くは医療機関が作成する後遺障害認定書をはじめとする書類の不備にあります。認定を受けられる可能性を少しでもアップさせたい場合は書類の内容も相応なものにしなければなりませんが、そのためには書類の作成方法を熟知している医師がいそうな医療機関を入通院をする場所に選ぶといった手段を講じることも考える必要があります。
なお、むち打ちの後遺症について後遺障害等級がつく場合、大半のケースは先に述べた第14級9号か第12級13号のうちのいずれかになります。過去にはより重い第9級10号や第7級4号の認定を受けたケースもありますが、極めて稀なものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする