交差点の事故!過失割合とは

過失割合について

交差点の事故における過失割合とは、事故の責任の割合をいうものです。どちらに責任があるのかを割合で決める理由は、これが損害賠償責任と関わってくるからです。事故の場合は何らかの損失が発生していることがほとんどで、その損失を賠償する責任を負う必要があるので、その割合を数字で決める必要が出てくるというわけです。

責任の割合が10対ゼロであれば、10の責任を負う人が全ての賠償金を払う必要がありますが、1対9などのように責任の割合が変わってくると、それによって賠償する金額も変わってくることになります。

多くの交差点の事故において、片方のみに責任があるという事が証明されることは難しいという実態があり、では過失の割合はどれぐらいなのかという事を決める必要が出てくるので、この過失割合という考え方が出てくることになったわけです。

この割合によって被害者は受けてることが出来る賠償金が変わってくることになりますし、加害者は支払うべき賠償金が変わってくることになるので、この過失割合というのは大きな意味を持ってくることになるというわけです

通常はこの過失割合は被害者と加害者の双方が相談をして決めることになるわけですが、当事者同士で決めることが出来ない場合は裁判になる事もあります。保険に入っている場合には保険会社がこれを代行することもありますが、基本的に保険会社に任せっきりにすることは危険と考えたほうが良いでしょう。

保険会社は自分たちが支払う保険が最も安くなるように交渉をすすめるのが基本だからです。まず依頼者の為に動くという事はありません。保険会社の利益の為になるついでに依頼者も助かるという事がありますが、それ以外ではまず保険会社に任せたから自体が良くなるということはないと考えてもいいでしょう

ただ、保険会社はこうした事故の経験は豊富ですから、なにかと情報を持っていることは確かなので、過去の裁判の判例などを聞いて参考にすることはしてもいいでしょう。

示談交渉へ

警察は基本的には過失割合とは関係ありません。警察は事故原因を調べたり、刑事責任があるような場合はこれを追及したりするような事はありますが、過失の割合について意見を述べたりすることはありませんから、警察にこれを聞いても意味がありません。

ただ、事実として何が起きたのかということを調べて明確にはしてくれるので、事実を聞くという意味では警察に聞くことには意味があります。

この過失割合を当事者同士で決める交渉の事を示談交渉といいますが、被害者が一人でこの交渉をするのはかなり難しいと考えてもいいでしょう。

加害者は基本的にどれだけ自分の責任の割合を減らすのかを考えているので、まず交渉が上手くいくことは稀です。はっきりと自分の責任を認めている場合は別ですが、自分に責任がないとすら思っている場合もあるので、そのような時には話が全く通じない事になってしまいます。特に加害者側には保険会社が付いている事がほとんどですから、保険会社は自分たちが払う保険料が安くなるようにひたすら行動してきます。

そのため、100%の過失でもない限り、まずごねることは間違いありません。100%でないという事は、その割合を決める明確に基準などないわけで、後はごねればこねるほど自分たちには有利になるという事になり、出来るだけ損害を少なくすることだけを考えるようになっています。

弁護士に相談を

ですから、弁護士を同伴して示談交渉に臨むという事には大きな意味があります。特に経験が豊富な弁護士であればあるほどこれは有効に働きます。弁護士がいるというだけで、まず下手な事は言えなくなります。それが自分を不利にするようなこともあるので、弁護士を同伴して示談交渉するのが良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする