交通事故被害者が利用すべき法律事務所の示談金査定サービスとは

示談金額が妥当か否か

交通事故にあってしまい、相手側の保険会社から示談金額が提示されたが果たしてその金額が妥当なのか分からない時があります。

一般的に保険会社から提示される金額は、裁判を起こした時の額と比べると低く、弁護士に金額の交渉を依頼すれば増額出来る可能性があるのに、ほとんどの人は依頼もせずに保険会社から提示された額なので「これが適正価格なのだろう」と思い込んでしまい応じてしまうケースが多いです。そんな時に役に立つのが法律事務所の示談金査定サービスです。

示談金査定サービスとは相手側の保険会社から提示された額が本当に適正なのか、またもっと増額してもらえないのか等の疑問を弁護士が示談案を査定し、その結果提示額よりも増やす事が出来そうな場合は、契約をして相手側の保険会社と交渉してもらう事が出来るサービスの事です。

ほとんどの法律事務所がこの査定サービスを無料で行っており、もちろん相手側と交渉しても増額の見込みがない場合は事前に知らせてくれるので安心して依頼する事が出来ます。

何故弁護士に示談交渉を依頼すると金額を増額出来るのかというと、保険会社から提示される金額はあくまで保険会社自らが算出した額で、最も高い算出基準である裁判を経た金額が除かれているからです。保険会社としてはなるべく支払う額を低く抑えたいので当たり前かもしれませんが、それでは被害者が損をしてしまいます。

示談金の算定基準となるものは自賠責、任意保険、そして裁判基準の3つです。最も低い基準となるのが自賠責で、一番高くなるのが裁判基準です

保険会社が提示してくる金額はほとんどが裁判基準を除いて算出されたものです。そこで弁護士が裁判基準を基にして算出した金額を提示して相手側と交渉をすれば、自ずと金額が増額される可能性が高くなります。

では実際に弁護士事務所に示談金査定サービスを依頼する場合はどうすれば良いのかというとそれぞれの法律事務所によって多少の違いはありますが、大きな流れとしては、まず電話やメールで弁護士相談事務所に査定依頼を出します。

査定依頼が来たら事務所から相談資料一式が郵送されてきます。その資料の中にある相談申し込みシートに必要事項を記入し、交通事故を起こした相手側から届いた示談案のコピー等の関係書類を同封されている返信用封筒で返送します。

専門家が査定してくれる

弁護士事務所にその書類が届いたら、金額が妥当かそれとも増額できる可能性があるかを弁護士たちが査定して、その結果を依頼者に連絡します。
査定は早い事務所であれば2日程で完了します。大体どの弁護士事務所も平均しては3~5日程で査定は完了するのでそれほど待つという事はありません。
その後本人に事故状況や治療の経緯、怪我の後遺症がないか等を直接聞き取りを行い結論を出します。弁護士との話し合いの結果、増額が見込める場合は正式に契約して相手側と本格的な示談交渉、あるいは訴訟準備に取り掛かります。
残念ながら増額の見込みが低い場合は、後遺障害等級を申請する事で賠償金をもらえるのでそのアドバイスなどを受ける事が出来ます
示談案の内訳は、交通事故による怪我の治療費や看護料、入院した場合は入院費、通院した場合は通院費、その他に怪我により仕事を休む事になってしまった場合は休業補償、そして慰謝料等が含まれています。交通事故にあってしまうと治療費だけでもかなりの額がかかってしまうので、安易に保険会社が提案してきた金額に納得せずに、本当に提示された金額が妥当かどうか調べる為にも無料なので後で後悔する事がないように法律事務所の示談金査定サービスを受けると良いです。基本的には示談書面のコピーを送ればすぐに査定してもらえるので面倒な手続き等もないので簡単です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする