交通事故で休業損害をもらうには~主婦の場合

主婦でも休業損害がもらえるのか

交通事故にあってその治療のために仕事を休まざるを得なくなった場合、その間に仕事をしていればもらえたはずのお金を休業損害としてもらえることになります。

会社員などの場合、仕事を休めば当然ながらその分は給料をもらえなくなってしまうわけで、何らかの形で補償してもらわないことには即座に生活に支障を来たすことになりますから、これは当然というか非常に分かりやすい話でしょう。

ですが、会社員ではなく主婦の場合はどうなるのでしょうか。この場合、確かに給料という形でお金をもらっているわけではありません。自営業者でもありませんから、何らかの形でお金を生み出しているわけでもありません。

となると、交通事故で入院してしまったような場合でも休業損害などは何ももらえないということになってしまうのでしょうか。

確かに、普段何らかの仕事をしていてそれでお金を稼いでいるわけではないという意味で、その分の損害の補償という言葉は馴染まないかもしれませんが、主婦であっても毎日を遊んで寝て暮らしているわけではないはずです。立派に家事労働をこなしているはずですが、その分は全く考慮されないのでしょうか。

人によっては、家事労働というのは別にお金を生み出しているわけではないので、休まざるを得なくなったからといってその分の損害を補償するというのはおかしいのではないかと考えるかもしれません。

あるいは、家事労働というのはどんな人であっても生活していく上で必須のもので、そうであるにもかかわらず会社員の人が入院した場合には本来もらえるはずの給料は補償してもらえるけれども、その会社員が行っていたはずの家事労働分についてまで補償してもらえるわけではないのだから、結局のところ家事労働は補償対象外と考えられているのではないかという人もいるかもしれません。

法律的には認められる?

これらの考え方にはいずれも一理はあるかもしれませんが、しかし法律上の考え方は異なります。

確かに家事労働はどんな人であっても生活していく上で必須のものと言えるかもしれないけれども、現実問題として主婦の場合は、配偶者である夫のために行っている分もあるでしょう。

あるいはまだ幼い子供の育児を行っているかもしれません。これらの家事労働について、あらゆる人が生活して行く上で必須のものだからといって割り切ってしまっては、それまで妻に家事の多くをやってもらうことで仕事に集中することができ、結果として今の給料をもらうことができていた夫に家事労働の負担が大きくのしかかることになり、結果的には夫は仕事を今までと同じレベルではこなせなくなってしまって、給料が少なくなってしまうことが予想されます。

つまり、妻は確かにお金を直接的に生み出してはいなかったけれども、間接的には夫の給料の一部を支えていたといえるわけです

あるいはまた別の考え方もできます。家事労働は例えば家政婦などにお願いしてやってもらうこともできます。

そして、主婦が交通事故にあって家事労働ができなくなった分について、同じだけの家事労働を家政婦にやってもらうことを考えれば、そこには当然ながら費用が発生します。つまり、妻は家政婦を雇うのにかかるお金と同じだけのお金が家計から出て行くことを防いでいたとも言えるわけです。

ここでも、確かに妻は直接的にお金を稼いではいなかったけれども、余分なお金が家計から出て行くことを防いでいたという意味で家計に貢献していたことは間違いありません。

このような理由から、会社員などの給与所得者のみならず、主婦が交通事故にあって家事労働ができなくなった分についても、休業損害が請求できるというのが法律上の解釈となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする