交通事故の過失割合で揉めたら弁護士へ

弁護士依頼

交通事故の被害者請求は弁護士を通して行うべきです。理由は相手も弁護士なり保険会社の人物なりとプロの人を用意してくるので、これに対抗するにはプロの弁護士でなければ太刀打ちできないからです。

事故の過失の割合を誰が決める?

事故の過失の割合というモノを決める事がこうした交渉では必要になるわけですが、この過失の割合はどのようにして決まるのかというと、当事者同士の合意ではなく、判例ブックを参照にしながら保険会社人同士の妥協で決まるという事を理解しておくべきでしょう。

似た事故の事例は判例データーベースに蓄えておりますので、それに当てはめれば、過失割合が算出されます。ただ、それぞれの事故の言い分が違うときは、専門家の助けが必要となります。

素人が示談交渉にはいっていくと、プロの保険会社にいいようにやられてしまいます。言ってみれば知識がないので、そこで自分の気持ちだけを語って交渉しても何も進まないという事になってしまうわけです。

例えば100万円の価値のあるツボが割れたときに、ツボの価値が分かる人であればそれが100万円するという事が言えるわけですが、知らない人に取っては、何故そのような金額が出てくるのか全く分からないという事になってしまいます。そうなると何も言えないという事になってしまいます。

弁護士に依頼する

交通事故のような場合は特に経験だけがものをいうという事がありながら当事者には事故の経験などほとんどないという状態なのですから、プロと交渉することは非常に大変になります。

特に被害者側になった場合には、相手はお金を払う事になるわけですから、出来るだけお金を払わなくていいようにしたいという事を考えるようになります。その為にプロの弁護士などを雇ったりするわけですから、それに負けないようにするにはこちらも経験のある弁護士を用意する必要があるのは当然という事になるわけです。

過失0の事故(もらい事故)

もらい事故の場合、自分が加入している保険会社は、代理交渉ができませんので、一人で向き合う必要がでてきます。

専門知識があれば別ですが、弁護士特約に加入しているのであれば、利用して、弁護士に過失割合の交渉をまかせるのがよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする